旅は免疫力を上げる!

 

「遺伝子のスイッチをONする旅」 沖縄 久高島

平成18年に神々に会いに行く旅 沖縄久高島を企画してから、8年になります。

「なぜ、久高島に行くの?」
と多くの人に聞かれます。でも、これは必然としか言いようがない。
私の尊敬する村上和雄先生の言葉を借りるなら、サムシンググレート(未知なる大いなる力)に導かれるように、その時に必要なメンバーをこの島にお連れしています。
今回で6回目になりますが。それぞれの旅ごとに、必要なメンバーが集まり、出会いがあり、感動があり、一度として気付きのない旅はありませんでした。

『遺伝子にはスイッチがあり、その時々の身体の環境や心の状態によって、絶えず変化していく柔軟性がある。』と村上先生はおっしゃいます。
だとするならば、私にとっての久高島はまさに、遺伝子のスイッチをONする場所なのです。
沖縄のスローフードを味わい、古民家に宿泊し、ゆっくりと語らいながら、久高島の太陽、風、海、空気を感じながら、自分の時間を取り戻してはみませんか?
きっと、あなたの中の今までONされてなかった遺伝子のスイッチが押され、新しい自分が発見できると思います。
きっと、自分の中の何かが変わると思います。

久高島の事を簡単に紹介します。沖縄の南東部に位置する離島で、面積は1.37Km、人口250人の小さな島です。本島から船で約20分の所にあります。
久高島は、沖縄の人々の祖先と言われる神々が降臨した『神の島』で、古代的な祭事の残る島として民俗学的にも注目を集めている場所です。
この島は昔から女は神人(神に仕える人)、男は海人(ウミンチュー=漁師)になることが定めでした。島の至る所に御嶽(ウタキ)と呼ばれる霊力の浄化する所があり、そこは神人である女性しか入ることができません。
その場所は気高く荘厳な雰囲気で、まさに聖域といえます。

私は、人生は誰と出会い、どこに行くかで大きく変わると思っています。
日常をちょっと飛び出して、ワクワクする旅を経験してみませんか?
主役はあなたです。何が起こるかわからない。
久高島の自然に触れ、見知らぬところで、今まで出逢ったことのない人達と触れ合うことによって、どんな化学変化が自分の中におこるかわかりませんよ。
そんな刺激的で不思議な旅に行ってみたいと思いませんか?


行先 : 沖縄 久高島
日程 : 平成26年 11月3日(木)~6日(日) (3泊4日)
参加募集: 20名
費用: 3.6万円(滞在中の朝、夕の食費、宿泊費、参加費を含む。
久高島までの交通費は別途自己負担です。)

参加締切: 10月末日(ただし、先着順で定員に達した時点で締切)

*今回の旅は自由旅行ですので、原則『現地集合、現地解散』です。
仕事や体調など、ご自分の都合に合わせて無理ない範囲で参加していただいてかまいません。

*11/3~6に久高島に宿泊する以外は全く制約を設けません。
その前後に、ご自分の旅行日程を組み入れていただくのも自由です。

*ツアーではなく、自分でつくる旅ですので、飛行機のチケット等も各自自分で購入してください。 (宿泊はこちらで用意いたします。)
プランを考えたり、自分で手配する所から旅はすでに始まっています。
(この旅に参加を希望される方は飛行機のチケットの手配をお早めにお願いします。
今なら大手航空会社の早割を使えば、片道9800円で沖縄に行けます。)

*食事については沖縄の現地の食事を用意いたします。ただし、ゲルソン療法にこだわりのある方は、ご自分で主食(レトルト)だけでも用意してください。
宿泊施設には自炊できる台所もありますので、自分自身である程度の配慮をお願いします。

*久高島以外での日程等につきましては、各自、自己責任のもとでよろしくお願いします。

 

≫ 続きを読む

2016/09/09   saikou-ad

2015年 久高島3日目  (11/3)

今、ここを生きる探求の旅 最終日

ニライカナイへの道

へ歩いて行く途中で

千ちゃんがポツリと言った。

多くの人が今を楽しめずに、

今を生きていないから未来に希望を求める。

未来の成功、将来の金儲け…

今、歩いてる事を楽しめれば、何もいらない。

それが、今を生きること
 かも


20151103_01.jpg20151103_02.jpg20151103_03.jpg

 

 

琉球の神がおりたという岬の先端で

おばあの手作り弁当を食べる。

自然の風に包まれて、深呼吸して

全てのものを入れ換える。

細胞のひとつひとつが生まれ変わっていく
 そんな感覚

 

20151103_04.jpg20151103_05.jpg
20151103_06.jpg20151103_07.jpg

20151103_08.jpg20151103_09.jpg

 

 

野生のアセロラの実

岬からの帰り道

偶然に見つけた紅い実

甘酸っぱい味と南国の香りがした。

車では通り過ぎてしまうだろう。

自転車でも気づがないだろう。

ゆっくりと歩いたからこそ見つかった

自然の恵み、宝物
これからも、ゆっくり、ゆったりと歩いて、宝物を探そう!

20151103_10.jpg20151103_11.jpg20151103_12.jpg


 

 

何もない島でのライブ

久高島でのライブで用意できた楽器は主催者として申し訳ないくらいの、しょぼい楽器でした。

民家から借りてきたYAMAHAの電子ピアノは音が3音出ない。

Casioの電子ピアノはペダルが無い。

どっちにする? って言われても

選ぶ事も出来ないほどのお粗末なものでした。

そんな状況の中でライブが始まった。

それにしてもさすがプロ
今回のKenjiroのライブは神懸かり的な素晴らしいライブでした。

リハーサルも無く、予定していた曲も全てキャンセルして、その場で感じた想いを言葉にし、その場の雰囲気で降りてきた曲を奏ででいく。

Tシャツと短パン姿のステージなのだが、神々しさを感じました。

マイナス2乗をプラスの3乗にする力
これほどのマイナスを圧倒的なプラスに変えられる力

これがプロの実力❗️

今回のKenjiroのライブ、完全にやられました〜❗️

痺れました❗️❗️
Kenjiro 、初めての沖縄で、こんな素晴らしいライブをありがとう❗️❗️❗️

 

20151103_13.jpg20151103_14.jpg20151103_15.jpg

≫ 続きを読む

2016/01/03   saikou-ad

2015年 久高島2日目  (11/2)

久高島2日目

昨日とは違う朝陽

今日は雲がかかっていて一瞬しか見えなかった。

以前なら、残念と嘆いたところだけど

それも、またよし

と思える自分がいる。
どんな時も、すべてを受け入れて歩んでいけばよい。

 

20151102_01.jpg20151102_02.jpg
 

 

 

海岸を裸足で歩く

自分の中の迷いや、悩みや、怒りや、不満や、悲しみを吐き出して

島の大地から

海の砂から

風から

波の音から
 エネルギーをチャージ❗️

 

20151102_03.jpg20151102_04.jpg20151102_05.jpg20151102_06.jpg

 

 

≫ 続きを読む

2016/01/03   saikou-ad

2015年 久高島1日目  (11/1)

1が3本そろった日の

久高島の朝陽

今日も昨日とは全く違う1日が始まる。

昨日の自分をリセットして、新しい自分が
生まれる。

 

20151101-01.jpg20151101-02.jpg

 

 

時間が止まっている。

都会では全てにおいて、スケジュールが先にあり、私たちはその予定をこなすために時間を追いかけている気がするが、

ここでは

今、自分がここにいて、そして、自分の行動とともに時間が流れていく感覚

柔らかな風

鳥のさえずり

波の音

そして、ゆったりとした時間の流れ
 ああ〜!
 幸せだな〜〜!

 

20151101_03.jpg20151101_05.jpg

20151101_04.jpg20151101_06.jpg

20151101_07.jpg

 

 

久高島の夜の 焚き火

誰も何も言わない

ただ、燃えていく木を見つめ、

今日の時間に想いを馳せる。

飛んでいく火の粉が蛍のようで、

燃え尽きる木が人生のように思えてくる。

聴こえるのは秋の夜の虫の声と

風の囁き
満天の星

20151101_08.jpg20151101_09.jpg

20151101_10.jpg20151101_11.jpg

 

≫ 続きを読む

2016/01/03   saikou-ad

2014年 久高島2日目

久高島2日目

~祈りとはなんだろう?
久高島で出会った彼女は

祈りとは呼吸なのかな〜!?

じ〜んときました。

色んな出会いに感謝です。

----------

沖縄の食事はスローフード、見ているだけで、健康になりそうです。

食事の後は島の中を歩いて周ります。
ガイドのおじいは65歳、子供さんが1歳半の娘さんがいてはるそうです。
パワフルで〜す。

----------

久高島2日目、ゆったりとした時間の中で、昼からは優月薫さんのヨガ、瞑想です。
体も心もゆるゆるになりました。
そのあとは対話のワーク、このワークは久高島でしかできない時間のかかるものですが、自分を内省し、お互いの内面が炙り出されてきます。
皆さん大盛り上がりです。
 

 

 

 

≫ 続きを読む

2014/03/22   saikou-ad

2014年 久高島の朝日

久高島の朝日です。
1秒ごとに太陽の形が、雲の風景が変わっていきます。

こんなに時の流れをゆったりと感じることはありませんでした。

今日1日に感謝!
今に感謝の気持ちが自然と湧き上がってきます。...

風を感じること、光を浴びることを、鳥のさえずり、波の音、自然と一体になること、そして今生きているということ、
全てに感謝です。 もっと見る
— 石坂 拓司さん、源内 清芳さんと一緒です。

≫ 続きを読む

2014/03/21   saikou-ad

2014年 沖縄久高島

さあ、今日から沖縄久高島です。
どんな出会いが待っているか!?
ワクワクです。

友人に勧められた斎場御嶽の近くの、『海のイスキヤ』というカフェに来ています。
いつもの慌ただしい時間ではなく、ゆったりとした時間が流れています。
...
今回の旅の目的は島に滞在し、ゆったりとした時間の中で自分を見つめ、自分を癒し、魂の洗濯をする。まさに心のデトックスをするのが目的なんです。

私は、人生は誰と出会い、どこに行くかで大きくかわると思っています。
日常をちょっと飛び出し、ふだん行けない所に行ってみませんか?
何が起こるかわからない。
旅の途中での出会いを通して、どんな化学変化が自分の中におこるかもしれません。
そんな刺激的で不思議な旅に、あなたも行って見たいと思いませんか?
旅は本当に色んな事を変えてくれるスイッチなんです。

≫ 続きを読む

2014/03/20   saikou-ad

2014年 沖縄の久高島 参加者の顔見せ会

3/21から3日間、素敵な方々と沖縄の久高島に神に会いに行ってきます。
昨日は、参加者の顔見せ会でした。

全国の色んな所から19名が集まります。
現地解散、現地解散の旅です。

今回で3回目、毎回久高島を訪れるたびに、思考が深くなっていく気がします。
島では、地元の方々と語り合い、交流を深めてきます。...
ぜひ、パワースポットに興味のある方、スピリチュアルな感性をお持ちの方は行ってみてください。
ただし、連泊しないと神には会えませんよ!

≫ 続きを読む

2014/03/18   saikou-ad

札幌紀行 2

ここは穴場です。!!

今迄、何回も北海道には行ったことがありましたが、行ったことなかった場所。
今回仕事の合間に時間が空いたので行ってみました。
さて、どこでしょうか?...

どこかと言うと〜!

大倉山ジャンプ台

ススキノからも15分程度で行けるし、何と言ってもジャンプ台があんなに高い所にあるとは思わなかった!
ジャンパーの勇気に脱帽です。

テレビでみるのと、実際に行ってみて経験するのとでは、100倍位感覚が違う。
どんな事も経験しないとわかりませんな〜!

ちなみに、隣りに有る札幌オリンピック記念館には、スキージャンプやボブスレーのシュミレーション体験機があって、めちゃリアルでした。

札幌に行かれる方は、ぜひオススメします。

≫ 続きを読む

2013/09/21   saikou-ad

初ピーチでの札幌紀行

何でも人生初はワクワク、ドキドキする。
それは50才を越えたおっさんでもそうだ。

関空の案内所でピーチのカウンターを聞くと
『あっ、ピーチは第二ターミナルです。』...
と冷たいお姉さんの声

すごすごとバスに乗って、5分ほど行き、第二ターミナルに到着。
置いてきぼりにされた陸の孤島のような小さなターミナル。
これが格安の意味か〜!

疎外感を感じながら飛行機に乗り込むが、

何十年ぶりだろうか!?

『タラップだ!!』

日頃、ゲートになれているが、タラップは新鮮で、今から旅に出るぞ という気持ちにさせられた。

疎外感も吹き飛んで、ワクワク気分復活だ!

CAさん、なかなかの美人だ。

1時間45分の空の旅、お茶もコーヒーのサービスもなく、欲しければ買えというスタンスもいい。
1番前の席で快適な旅だった。
座席も窮屈な感じはなかったし

最後にCAさんのアナウンス

『今回、ピーチでは、第四期客室乗務員のオーディションをしております。
年齢、性別、国籍、経験を問いません。ぜひ、この機会に私たちと一緒に働きませんか?』

というアナウンスには、さすがにビックリと共に感動すら覚えた。
業界の常識を破るとは、こういうことなんだな〜と
勉強になった。

殻を破るのは勇気とパワーが要るが、自分自身の殻を破り続けたい。

≫ 続きを読む

2013/09/20   saikou-ad